シェフチェンコ

インナ・シェフチェンコ

Inna SHEVCHENKO

ピア二スト

 夫はドムラ奏者アレクサンドル・ツィガンコフ氏。シベリアの町、オムスクのV.シェバリン音楽学校でL.ヴィンクラー氏に、モスクワのグネーシン記念ロシア音楽アカデミーでK.アジェモフ教授に師事。国際ピアノコンクール入賞。1972年、ツィガンコフ氏との結婚を機にデュオを結成この30年間デュオで数え切れないほど多くのコンサートを開催。東京バラライカ・アンサンブルの招きでたびたび来日し公演している。

 

 グネーシン記念ロシア音楽アカデミーピアノ科教授。ツーラ、トベールでの民族楽器演奏国際コンクールで若い音楽家たちの入賞にも貢献。彼女の伴奏で演奏するソリストたちは常に入賞している。ピアニストである彼女自身も、最優秀伴奏者の名誉賞を受賞。

 2001年10月大統領令により、ロシア功労芸術家の称号が与えられた。

【TBEゆかりのアーティスト紹介の最新記事】
posted by t-b-e-b-e at 11:15 | TBEゆかりのアーティスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。