第15回あきたロシア音楽祭に出演しました

 東京バラライカゾリスデンが第15回あきたロシア音楽祭に出演しました。今回のあきたロシア音楽祭は、15回を記念して2月9〜11日の3日間、開催されました。 

 我々TBEゾリスデンは、2日目から参加、10日のカフェ・ブリュージュは40名ほどのサロンコンサートで、楽器の説明なども加えながらの演奏でした。


 司会を務めた女性は、秋田市役所の職員でなんでも課長さんとのこと、またお客様も秋田大学学長夫妻をはじめ地元の名士ぞろい、緊張しました。


 3日目のメインコンサートのオープニングは、出演者全員によるロシア国歌の演奏。しかし今回のハイライトは何と言っても、ヴァイオリンとの共演でした。事前にメールのやり取りでだけで、「ルーマニアの歌とチャルダッシュ」の演奏順を確認、リハーサルで初めてテンポなど決めましたが、さすがプロ、それに加えチャルダッシュの本場、ハンガリーに留学なさった浅野未希さんが、こちらの要求(演奏テクニック)をすべて理解して、リハーサルも3回ほど合わせただけで、本番! 美しい浅野さんが奏でるヴァイオリンの優雅な音色に聴衆もうっとり、もちろんわがTBE男性陣は、日ごろにも増して一層熱のこもった演奏でした。 おそらく日本で初めて、ロシア民族楽器とヴァイオリンの共演だったことを加筆しておきます。

2月10日(月) 於:カフェ・ブリュージュ

[1回目] ララのテーマ / ロシア民謡メドレー 一週間〜黒い瞳〜満州の丘に立ちて〜ポーリュシカ・ポーレ〜バイカル湖のほとり
[2回目] ヴァリンカ / ロマンス / 月は輝く

2月11日(祝) 於:アトリオン音楽ホール

[TBEゾリスデン] ララのテーマ / ロシア民謡メドレー 泉のほとり〜ステンカ・ラージン〜黒い瞳の〜トロイカ〜小さいぐみの木〜町のざわめきも聞こえず〜行商人

 [ゾリスデン+ヴァイオリン]  ルーマニアの歌とチャルダッシュ  [合唱伴奏] ロシア国歌 / 空ひとつ海ひとつ / 小さいぐみの木 / 百万本のバラ

posted by t-b-e-b-e at 10:55 | Comment(0) | TBE写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。