■第7回定期演奏会〜時を越え舞い降りるロシアの響き バラライカの父アンドレーエフに捧ぐ〜、成功裡に終了。

2015年11月19日(木)、第7回定期演奏会は会場を埋め尽くしてくださったご来場者の皆様のお蔭を持ちまして、成功裡に終了することができました。皆様に感謝いたします。

なお、本定期演奏会は以下のような想いの下に演奏いたしました。
「今年は、日本で初めてロシア民族楽器によるオーケストラ(TBE)を結成・主宰した、故北川つとむの没後10年にあたります。
彼は、バラライカの父として後世にその名を残したワシーリィ・アンドレーエフ(1861〜1918年)と同様に、バラライカに魅せられ、自らもバラライカ奏者として活躍、オーケストラを育て、49歳の若さで他界するまで、ロシア民族楽器の普及にその生涯を捧げました。(中略)TBEも今年で33周年を迎えました。アンドレーエフと北川つとむ、そして彼らが愛したバラライカという楽器に宿る魂に想いを馳せ、演奏したいと思います」(当日プログラム「ご挨拶」より抜粋)

zzzz.jpg


会場 渋谷区文化総合センター大和田<さくらホール>
開演 18:30 (開場 18:00)

指揮/吉岡弘行 バス/デニス・ビシュニャ 合唱/合唱団白樺

【第1部】 
「祝典ポロネーズ」 V.アンドレーエフ
「牧神のワルツ」 V.アンドレーエフ
「道化師の踊り」 V.アンドレーエフ
白鳥の湖より「情景」「白鳥の踊り」 P.チャイコフスキー 編曲:吉岡弘行
「街のざわめきも聞こえず」 ロシア民謡 編曲:V.ゴロドフスカヤ
「門のところで」 ロシア民謡 編曲:N.フォミーン
「シベリア狂詩曲」 G.イワノフ

【第2部】
デニス・ビシュニャ (バス)
「黒い瞳」 ロシア民謡 作曲者不明 作詞:E.グレビョンカ
「つる」 作曲:Ya.フレンケリ 作詞:R.ガムザトフ
「ピーテル街道に沿って」 ロシア民謡
東京バラライカ・アンサンブル
「夕べの鐘」 ロシア民族楽器オーケストラのための小品 A.モソロフ
ワルツ「白樺」 E.ドレイジン
合唱団白樺
「仕事の歌」 ロシア民謡 訳詞:大胡敏夫 編曲:中山英雄
「ポプリ(メドレー)」(カリンカ〜月は輝く〜ともしび〜行商人) ロシア民謡 編曲:北川つとむ

【アンコール】
「ララのテーマ」 映画「ドクトル・ジバゴ」より M.ジャール
「バイカル湖のほとり」 ロシア民謡  訳詞:大胡敏夫、編曲:中山英雄

posted by t-b-e-b-e at 01:16 | TBE写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。